♪今月のハピマネコラム♪(12-1月 2011年こそ貯めるぞ!合併号)

【ハピマネ】それはあなたの暮らしにハッピーをもたらすマネーの略です(笑)ちょっと安直なネーミングですが、中身は意外(?)にしっかり地に足がついた考え方だと自負しています。
「お金を貯めたいのに貯められない!」「家計が赤字続きでこのままいったら一体どうなるのか不安…」など、日々の暮らしの営みの中で「おかね」の悩みや不安は尽きません。でも「おかね」との上手なつきあい方がきっとあるはずです。
この“ハピマネコラム”では、知っ得、納得な「おかね」にまつわるマメ知識をご紹介していきます。
 ※コラムバックナンバーは★こちら★


●12〜1月のテーマ●
〜「後で」に勝るは「先取り」なり!〜


☆年賀状印刷はできあがってきたものの、宛名書きがまだ残っている方も多いのではない でしょうか。(私だけ?)何でも「早割」流行りの昨今ですが、貯蓄もまたこれ然り。
今月は、先取り精神で取り組む【貯蓄増量大作戦】のお話です。

☆まず<基本編>のお金が貯まる方程式はコレ↓
【貯蓄=収入−支出】。平たく言えば、より多く「稼ぎ」、頑張って「節約する」こと。簡単ですね、言うだけならば…

☆そこで貯められないアナタ向けに<初級編>がちゃんとございます、はい!それが【使っていいお金=収入−貯蓄すると決めたお金】です。これなら、「貯めなきゃ、貯めなきゃ!」というストレスから解放され、さらに「使ってもいいお金」を存分に使い切れます(爆)


【お金が貯まる方程式 その1】まず貯蓄したい額を取り分ける

 大事なことは、「貯めたい理由」です。曖昧なままでは挫折してしまいがちなのですが、たとえば、「次男の中学受験のための費用として50万円貯める」と、明確に“使う時期”や“ 貯めたい額”を決めることで、モチベーションも上がり、かつ、手をつけたい欲求に打ち勝つことができます。
 余談ですが、子ども名義の通帳も、「◎男くん中学受験用」なんて目的までも書けたら、引き出しにくいとは思いませんか〜(笑)

 

【お金が貯まる方程式 その2】使ってもいいお金に“予備費”を組み込んでおく

 結婚式出席や住宅設備の故障など、アクシデント的な出費は日々の生活につきものですね。

 “予備費”がないと、いったん設定した“貯蓄”から取り崩すこととなり、その後は<なあなあの管理>に戻ってしまう可能性が大で す。そのために、使ってもいいお金の中から予め“予備費”を組み込んでおくことをオススメします。

 もしも“予備費”が余れば「しめた」もの。プチ贅沢なランチなど自分にたまのご褒美をあげても良いでしょうし、貯蓄に回して先取り達成を目指すこともできます。☆ガンバって☆